八ヶ岳山麓の阿弥陀岳の麓「美濃戸minoto」での日常生活
by oikuri
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


まんだら

2018/05/17(木)  (旧暦)卯月03日


d0116207_07392934.jpg
 かぐわしき皐月(さつき)となりました八つです。写真は八ヶ岳実践大学校の芝の広場から眺める横岳・阿弥陀岳。




まんだら

 まんだら(曼荼羅)とゆうとやはり仏教の曼荼羅図を思い浮かべるとおもいますが、あれってなんだと想いますか?
いま話題のプロ野球の大谷翔平選手とこのまんだら(曼荼羅)が、深い関係にあることをご存知でしょうか?
 そして、デザイナーでヒロ・アートディレクションズという会社の代表を務める今泉浩晃氏をご存知でしょうか?
そうあのわけの分からないまんだら(曼荼羅)から今泉浩晃氏が開発した「マンダラート(MandalArt)」とゆう思考方法こそが、あの大谷翔平選手を導いた技法だったのです。
 当方はこの「マンダラート(MandalArt)」とゆう思考方法を甥の安彦くんに紹介され、もう何十年も活用させていただいております。なんでもそうですが、実際に使ってみないとその良さ凄さはわかりません。またその良さ凄さがわかっても、日常的に使用していないと本当の意味での「ありがたみ」は感じることはできませんね。
 個人的には、あのノーベル賞なんか意味のないくらいすごい思考技法だと感じて日常使用しております。こうゆうものこそ大切にしたいものです。


 まだなにがなにやらさっぱり見当がつかない話とはおもいますが、もしすこし興味が湧いたなら次の文字をクリックしてみてください。

  

 マンダラートとは?9つのマスで閃きが加速する一流のアイデア発想法


 上記のURLに掲載されている大谷選手の「マンダラート図」には「出典:スポーツニッポン」となってます。

 ちょっと図が小さいので見づらいため、下に拡大しておきます。


d0116207_08480998.jpg










# by oikuri | 2018-05-17 07:40 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

鶴峰公園


2018/05/06(日)  (旧暦)弥生21日

 このところうわごとのように鶴峯公園・つるみねこうえん・ツルミネコウエンと家内がうるさくゆうので、おもいこしをあげて出かける。場所は岡谷駅から左手に曲がって岡谷街道を10分ほど行った小高い丘です。公園指定の駐車場に車をとめると五百円が必要となります。
 たしかにツツジの名所だけあってみごとなものです。地元の名士である片倉兼太郎氏が建てた学校跡にツツジの苗を貨車三台分・約3万本も植えたのですから、はんぱな数ではありません。手入れも良くて美しく五月の空を彩っておりましたですよ。

d0116207_20174988.jpg
d0116207_20175630.jpg
d0116207_20180580.jpg
d0116207_20184208.jpg
 人も大勢いてかなりの賑わいです。
 鶴峯公園の謂れについては下の写真を参照願います。
d0116207_20185304.jpg


d0116207_09124249.jpg
 新緑のモミジの下で昼食をおいしくいただきました。
 ごちそうさまあ〜。




# by oikuri | 2018-05-06 20:20 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

晴耕うどく

2018/05/01(火)  (旧暦)弥生16日


d0116207_20153564.jpg
 あすは、夏も近づく「八十八夜」。
 連日夏のような八ヶ岳の麓、畑はうだっております。
 世の中は五月の連休で行楽のシーズンですが、こちらは一昨日学者村にある別荘の「風通し」にゆき、屋根の掃除や布団干しに精を出してまいりましたですよ。
 もう桜も終わって新緑がとてもきれい。近くを散歩したら林の中に「フデリンドウ」が可憐な花をひらいており、一枚撮影。下にアップしておきます。


d0116207_20144161.jpg


d0116207_20143306.jpg


d0116207_20140747.jpg
  気温も高く晴天つづきなので、連日農作業におわれてます。
 畑の「はなもも(花桃)」もほぼ満開で、目を愉しませてくれております。
 このところの農作業は、完成した温室に「パッションフルーツ(時計草)」の苗を山荘から移動、つるをからめる柵を設置。今日は、明日午後から雨の予報なので、明日の午前中に種ジャガの植え付けをするための「うね(畝)」づくりを実施。うどくのための晴耕も結構忙しい oikuri です。


d0116207_20134660.jpg
         写真上 畑から見える八ヶ岳の「てんぐだけ(天狗岳)」。
 


 そうそう「うどく(雨読)」とゆえば、本を読むことばかりではありません。竹も吹かなきゃ・・・あめが降ってもやることいっぱいです。

d0116207_20524497.jpg







# by oikuri | 2018-05-01 20:16 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

さくら咲く

2018/04/24(火)  (旧暦)弥生09日


 最近の異常な暑さのおかげで、ここ八ヶ岳の麓でも、さくらが咲きましたですよ。畑仕事からつかれて帰ってくると夕日に照らされた桜が、つかれをけしてくれます。いよいよ春本番の八ヶ岳です。

d0116207_12462813.jpg

d0116207_12464533.jpg


d0116207_12465678.jpg


d0116207_12471169.jpg




d0116207_12471801.jpg

 花が上向きに咲く「深山桜」は、まだまだ先のこと。もうしばらく待つことといたしますか・・・。




# by oikuri | 2018-04-24 12:48 | 八つだより | Trackback | Comments(2)

温室づくり

2018/04/20(金)  (旧暦)弥生05日


d0116207_21191617.jpg
 本日から数日は真夏のような好天がつづくとの予報。家内を原村の公民館におとした足で、畑で農作業を開始する。まづは、温室づくりです。冬越しをしたパッションフルーツの苗をこの温室に移動し、二夏目の時計草の実を稔らせようとゆう魂胆です。大きなフレームの5分の1をビニールで囲います。入口は写真の反対側に両開きのドアがあります。屋根とこちら側の妻側をビニールで覆ったところで、家内を迎えにゆかないといけないので作業を中断、明日またつづきをおこないます。
 向こうの森に白く咲く花は「コブシ」です。原村の公民館のサクラは満開、そろそろ散り始めようとゆうところです。天気が良すぎて暑くてまいりました oikuri です。





# by oikuri | 2018-04-20 21:19 | 八つだより | Trackback | Comments(0)