八ヶ岳山麓の阿弥陀岳の麓「美濃戸minoto」での日常生活
by oikuri
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


<   2018年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

つながり 01

2018/08/31(金)  (旧暦)文月21日

d0116207_20160206.jpg
 ここ八ヶ岳の麓の田んぼで稲を栽培するなんてことが現実になるなんて、とても想像がつかないことでしたが、これもひょんな縁があってのことでした。
 写真は、去年の今頃の田んぼです。今年から田んぼはやりません。

 当方が小学生の頃は、農家に育った関係か「論語」とか「孟子」の分厚い本が置いてありましたね。でも、当方に直接的な「つながり」はなかったように思います。戦後間もない小学校低学年のころは近所の家に宣教師の卵ののような人がいて、夕方ゆくとお菓子を出してくれるのが楽しみで説教を聴きに行ったものです。小学5年の時に杉並から武蔵野に引っ越して、中学生になったときに家に置いてあった「聖書」をあけて今思えば旧約から眺めた記憶があります。そのときは、なんのことやらさっぱりわからず放り投げましたですよ。
 中学生の時は、武蔵境とゆう中央線の駅から吉祥寺駅まで行き・京王井の頭線に乗り換えて富士見ケ丘駅で下車し中学校に通った「越境」生活。土曜日の帰りはいつも吉祥寺で下車して同じ「越境」者の友達の家に寄るのが習慣になっておりました。その友達の家には亡くなった父親の遺したSPレーコードがあり、当方は勝手にかけて自由に聴いてました。カタリカタリなんてゆう曲もそこで覚えましたよ。何といっても圧巻なのはベートーベンの第九のSP盤、6枚組か7枚組の重量級、重くて扱いにくいので、比較的軽い第八や第七を聴き覚えましたですよ。ワインガルトナー指揮・ウイーンフィルだったとおもいます。その友達の母親が、N響の第九を聴きに当方を誘ってくれたのが、西洋音楽との生のつきあいのはじまりです。そして高校時代に知り合った友達が、大のベートーベン狂いだったおかげで、ベートーベンのことを知るようになり、あのゲーテを知ることになりました。そしてゲーテの「ファウスト」や「詩と真実」を読むことでスピノザにであうことに。スピノザの「エチカ」で西欧や米国などでゆうキリスト教の正体を教えてもらいましたです。

註・・スピノザとゲーテについて知りたい方は、以下をクリックしてください。



by oikuri | 2018-08-31 22:04 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

つながり

2018/08/27(月)  (旧暦)文月17日


d0116207_09352665.jpg
 ここから少し坂を登ったところに「阿弥陀展望台」があります。八ヶ岳の横岳と阿弥陀岳を遠望できる、柳川の崖の上にある屋根付き展望台です。
 先日、この春に肺癌の手術をした84歳の方から電話があり「久しぶりに山荘にきた、明日帰る」とゆう。ここで会えないともう会えないかもと思い、急遽伺う。声は小さくなったが、身体は前より色艶がよいのですこし安心する。その時にもこの「阿弥陀展望台」に寄る。静かにものをおもうときには良い場所なんです。

 最近気づいたのですが、当方が関心をもってきた方々が段々とひとつにつながって、まとまりのある考え方に収斂しつつある感じがするのです。まだはっきりと「こうだ」と言えるようにはまとまっていませんが、ふしぎな予感があります。そのうち、ここにかきこみはじめるかもね。本人もまだなにをいわんとしているのかわかってないので、今回はここまでです。




by oikuri | 2018-08-27 09:35 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

収穫祭

2018/08/19(日)  (旧暦)文月09日

d0116207_19570388.jpg
 八月十八日(土)これまでの豪雨と暑さがうそのような、カラッと晴れた寒いくらいの秋晴れとなった日に、「高原野菜を楽しくつくる会」の収穫祭が催されましたですよ。みなさん当方を除いて心がけのよい方ばかりなので、天の神様からのご褒美がでたようです。









by oikuri | 2018-08-19 19:57 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

ねこの置物

2018/08/17(金)  (旧暦)文月07日

d0116207_19261434.jpg
 この間来た時はまだまだ幼いねこでしたが、今回孫たちときたときは、すっかり大人びて置物のようなポーズをとってすましておりましたですよ。ねこの成長は早いですね。この前の大阪の地震の時のショックが大きくて、雷が鳴り響くと警戒して部屋の隅に隠れてしまいます。やはり動物がいるとなんとなくこころがなごみ、ギクシャクしそうな人間関係もやわらかく落ち着かせてくれるので、精神的にやすらぎを感じます。
 この夏は、孫たちが約一週間弱居て、おととい大阪に帰りましたです。
 昨日は、もと職場の同僚だった方が来荘してくれて、天気は悪かったが、楽しく歓談。一人は数年前に結婚し奥様同伴、きさくではきはきした素敵な奥様でしたよ。あらためて、15年ももう経過したんだなあっと痛感したひと時でした。遠路はるばるこんな山奥まで足を運び、たのしい時間を過ごさせていただきありがとうございました。
 




by oikuri | 2018-08-17 19:50 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

ミヤマハンショウヅル(その後)

2018/08/11(土)  (旧暦)文月01日


d0116207_13024320.jpg
 先日、庭を歩いていたら変わった雰囲気を感じ、よくよくあたりを見回すと・・チングルマの花の後のような・・ミヤマハンショウヅルの花の後の「姿(写真上)」が目に入ってきましたですよ。花の姿は、このブログで2018/05/28に報告しましたから、花から2ヶ月少しでこんな姿になるんですね。


 念のために、花の写真を下に載せておきましょう。





d0116207_13022067.jpg






by oikuri | 2018-08-11 13:03 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

守屋山

2018/08/03(金)  (旧暦)文月22日


d0116207_09020870.jpg
 軽の自動車を改造したキャンピングカー(写真上)をつくり、熊本から陸路・フェリー利用で北海道を周回・山行しながらの長旅50日余りの山好き人、エクシードkazuさんが去る7/31に来荘されました。フェリーで北海道から本州に渡った後も鳥海山・月山などの「頂(いただき)」をきわめながら、来荘直前には石打山・妙高山を12時間で踏破してこられた健脚家です。(現在の彼のブログの表題は「KAZUのyomo山話Ⅲ」です。)
 今は消滅したドブログとゆうブログサイトで知り合った仲間の一人が、エクシードkazuさんです。奄美大島は「加計呂麻島」のやど「紫微鑾駕(しびらんか)」までご一緒したこともあります。
 今回はめでたく定年退職され、好きな山行の旅を存分に満喫する生活の始まりとしての下準備、来年もまた北海道をまわる希望をもっておられる、パワフルな登山家です。




d0116207_09015876.jpg
 2018/08/01 一等三角点のある上諏訪神社の守り山である「守屋山」を案内してきました。
 天気は良かったのですが雲が多く、視界が利かない日でしたが、汗をかきながらの山行を楽しみました。



d0116207_09014371.jpg
 登山道も一部改修されていて「赤井沢新道」とゆう真新しい標識が立っております。



d0116207_09012121.jpg
 健脚のエクシードkazuさんは、どんどん「頂(いただき)」をめざして登って行きます。




d0116207_09005977.jpg
 守屋山はピークが二つあり、こちらのピークは西峰になります。一等三角点としては日本で78番目の高さにあるそうです。視界があれば三百六十度のパノラマが愉しめます。今回は諏訪湖と茅野市街がかすんでみえる生憎の天候でした。またの機会に期待しましょう。



d0116207_09004619.jpg
 「頂(いただき)」をきわめ降ると「水汲み場」とゆう広場にでます。とてもよく整備されていて、バーベキュウなど家族連れで楽しく食事をとることもできます。




d0116207_09002971.jpg
 夏休みに入ったので利用者が便利で快適に過ごせるよう地元の方々が大勢で、ベンチやテーブルや歩道の整備・修理を実施しておりましたですよ。大きな鍋で料理をしているおじさんに声をかけたら「もう少ししたら豚汁ができるから食べて行きませんか・・・」とさそわれました。食べたかったけれど茅野の外科病院を探す予定があったので残念ながらパスして下山。でもおかげで無事整形外科をみつけることができましたので良しと致しましょう。



d0116207_09001893.jpg
 地元の方々の作業を眺めながら、守屋山をあとにしました。



d0116207_09000842.jpg
 この木道も、行きにはあちこち危ないところがあったのですが、地元の人の手入れがはいり、快適に下ってきました。ありがたいことです。

 2018/08/02 エクシードkazuさんは八ヶ岳をあとにして日本海を目指して出立してゆかれました。途中「雨飾山」に登るとおっしゃっていたので、今頃は雨飾山の「頂(いただき)」に立たれておられるかもね。

 無事に熊本まで戻られるよう祈っております oikuri です。







by oikuri | 2018-08-03 09:04 | 八つだより | Trackback | Comments(2)