八ヶ岳山麓の阿弥陀岳の麓「美濃戸minoto」での日常生活
by oikuri
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


2018年 09月 27日 ( 1 )

つながり 08

2018/09/27(木)    (旧暦)葉月18日


 きょう(9/27)は、2014年9月27日に木曽の御嶽山が噴火して60名以上の死者・行方不明者をだして四年目です。
 この噴火のちょうど一年前に当方はこの御嶽山の頂上から、小さな噴煙の上がる火口周辺の写真を撮っておりましたですよ。あの噴火をみて、まさに他人事には思えませんでしたね。
d0116207_19291643.jpg


d0116207_19293191.jpg
 これが噴火前の御嶽山の頂上の風景です。
 自然の力のすごさを、いまさらながら感じております。

 下の写真は、噴火のあった時期の一年前にみていた御嶽山の紅葉です。噴火の直前もこのようなすばらしい紅葉があったのです。でも今は火山灰の下に埋もれて四年です。


d0116207_19294665.jpg

 尺八との「つながり」を考えるときにはずせないのが、前川耕月さんです。
 前川耕月さんは、現在、明暗蒼龍会の会長をなさっておられます。


 明暗蒼龍会・本部  〒215-0018
 神奈川県川崎市麻生区王禅寺東2-29-1
 前川 耕月
 e-mail maekawacougetu@jcom.home.ne.jp


 当方が50歳を過ぎた頃から歯槽膿漏がはげしくなり、入れ歯のおせわになる身になり、だんだん歯が抜けると尺八も吹きにくくなっておりました。一番困ったのが「前歯」が抜け出した時です、完全に尺八が吹けなくなりましたですよ。そして、ついには総入れ歯となり、それでも好きな尺八を吹こうとしましたが、吹けば入れ歯が浮き上がってきて数分も続けられないようになってしまいましたです。それでも、歯医者を選んでは少しでも吹けるような入れ歯を創ってもらおうと、努力を続けておりました。ここ八ヶ岳の麓に山荘を建ててからも、すきな尺八はやめられません。いろんな詰めものやらを試しましたが全部ダメで、諦めかかったころ、ブログで前川耕月さんと「つながり」が出来たのです。
 前川耕月さんが勧める「地無し尺八の奏法」の解説を読んでいたら「舌を前歯の上に乗せて下唇の裏を押す」とゆう表現に出会って「これだっ!」と想いましたね。これが出来れば「下の入れ歯が浮き上がるのを抑えることができる」と直感したのです。ところがどうしてやってみると、なかなかどうして身につきません。今までの吹き方と全然違う吹き方なんですからね「音が出なくてあたりまえ」とゆう状態が続きましたですよ。しばらくしてかすかに音が出るようになったのですが、なかなか思うように吹けません。前川耕月さんの解説を印刷してなんども読み返すうちに「地無し尺八」でないと普通の「地有り尺八」ではなかなかこの吹き方を習得するのは困難だとゆう点にたどり着き、意を決して、見も知らぬ身もかえりみず、前川耕月さんに「地無し尺八が欲しい」とメールを出したのです。
 そしたらA4の大型封筒に
、その著作や岡本竹外著の「尺八随想集」や前川耕月氏演奏のCDまで同封して贈ってくれたのです。この厚意に報いなければいけないとその後一層の努力を重ねたところ、ようやくにこのところで少しずつ尺八らしい音がなるようになってまいりました。本当に前川耕月さんには、感謝しかありません。

  「
」 

 地無し尺八も、その後、栃木で「常春」銘のすばらしい地無し延べ管を制作されている方に偶然に遭遇、すでに数本を頂戴し吹かせていただいております。これも尺八がもたらした貴重な「つながり」です。



by oikuri | 2018-09-27 19:30 | 八つだより | Trackback | Comments(0)