八ヶ岳山麓の阿弥陀岳の麓「美濃戸minoto」での日常生活
by oikuri
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


守屋山

2018/08/03(金)  (旧暦)文月22日


d0116207_09020870.jpg
 軽の自動車を改造したキャンピングカー(写真上)をつくり、熊本から陸路・フェリー利用で北海道を周回・山行しながらの長旅50日余りの山好き人、エクシードkazuさんが去る7/31に来荘されました。フェリーで北海道から本州に渡った後も鳥海山・月山などの「頂(いただき)」をきわめながら、来荘直前には石打山・妙高山を12時間で踏破してこられた健脚家です。(現在の彼のブログの表題は「KAZUのyomo山話Ⅲ」です。)
 今は消滅したドブログとゆうブログサイトで知り合った仲間の一人が、エクシードkazuさんです。奄美大島は「加計呂麻島」のやど「紫微鑾駕(しびらんか)」までご一緒したこともあります。
 今回はめでたく定年退職され、好きな山行の旅を存分に満喫する生活の始まりとしての下準備、来年もまた北海道をまわる希望をもっておられる、パワフルな登山家です。




d0116207_09015876.jpg
 2018/08/01 一等三角点のある上諏訪神社の守り山である「守屋山」を案内してきました。
 天気は良かったのですが雲が多く、視界が利かない日でしたが、汗をかきながらの山行を楽しみました。



d0116207_09014371.jpg
 登山道も一部改修されていて「赤井沢新道」とゆう真新しい標識が立っております。



d0116207_09012121.jpg
 健脚のエクシードkazuさんは、どんどん「頂(いただき)」をめざして登って行きます。




d0116207_09005977.jpg
 守屋山はピークが二つあり、こちらのピークは西峰になります。一等三角点としては日本で78番目の高さにあるそうです。視界があれば三百六十度のパノラマが愉しめます。今回は諏訪湖と茅野市街がかすんでみえる生憎の天候でした。またの機会に期待しましょう。



d0116207_09004619.jpg
 「頂(いただき)」をきわめ降ると「水汲み場」とゆう広場にでます。とてもよく整備されていて、バーベキュウなど家族連れで楽しく食事をとることもできます。




d0116207_09002971.jpg
 夏休みに入ったので利用者が便利で快適に過ごせるよう地元の方々が大勢で、ベンチやテーブルや歩道の整備・修理を実施しておりましたですよ。大きな鍋で料理をしているおじさんに声をかけたら「もう少ししたら豚汁ができるから食べて行きませんか・・・」とさそわれました。食べたかったけれど茅野の外科病院を探す予定があったので残念ながらパスして下山。でもおかげで無事整形外科をみつけることができましたので良しと致しましょう。



d0116207_09001893.jpg
 地元の方々の作業を眺めながら、守屋山をあとにしました。



d0116207_09000842.jpg
 この木道も、行きにはあちこち危ないところがあったのですが、地元の人の手入れがはいり、快適に下ってきました。ありがたいことです。

 2018/08/02 エクシードkazuさんは八ヶ岳をあとにして日本海を目指して出立してゆかれました。途中「雨飾山」に登るとおっしゃっていたので、今頃は雨飾山の「頂(いただき)」に立たれておられるかもね。

 無事に熊本まで戻られるよう祈っております oikuri です。







by oikuri | 2018-08-03 09:04 | 八つだより | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://oikuri.exblog.jp/tb/27023744
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by エクシードkazu at 2018-08-10 19:47 x
お世話になりました。
雨飾山にも登り、8月8日には無事、帰宅できました。
55日間の長旅でしたが、八ヶ岳で安らぎの時間が持てました。

オアシスみたいな八ヶ岳へまたお邪魔したいと思います。

Commented by oikuri at 2018-08-11 12:58
無事に念願の北海道周遊を完了、おめでとうございます。
当方のブログ表題通り「 老いの繰り言」をきいていただきありがとうございました。これにこりずまたお寄りください。
<< ミヤマハンショウヅル(その後) 暑さ寒さも彼岸まで・・・ >>