八ヶ岳山麓の阿弥陀岳の麓「美濃戸minoto」での日常生活
by oikuri
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


蕎麦(soba)の種蒔き(tanemaki)

2018/06/21(木)  (旧暦)皐月08日


d0116207_14580796.jpg
 地震にあまり縁のなかった大阪で大きな揺れがあり、小学生がブロック塀の下敷きになり亡くなりました。一見して天災時に露見した人災だと素人目にも分かるずさんな工事が行われておりました。親のなげきはいかばかりかとこころいたみます。

 上の写真(天狗岳)


d0116207_14584438.jpg
 台風が来たり梅雨前線に低気圧が発生したりして、不安定な梅雨空が続く八ヶ岳山麓です。シロツメグサ(クローバー)の向こうには、阿弥陀岳と横岳が雲間に顔おを出しております(写真上)。
 周りの畑や並木道には、ブルーベリーや山法師(yamaboushi)が、実をつけたり花開いたりして、つゆのうっとしさを振り払ってくれております、今日この頃、みなさまいかがおすごしでしょうか。





d0116207_14585420.jpg






d0116207_14590233.jpg





d0116207_14591295.jpg
 みどりも一層深くなり、森林浴が毎日の美濃戸です。







d0116207_14593487.jpg
 ここに住んで15年目になりますが、今年はじめて「マルチ」を活用することないなりました。10年間ぐらいマルチなしの農法に挑戦してきましたが、八ヶ岳の麓の気温が、6月の頭でも最低気温五度とかを記録する低温地域のため、地温があがらず野菜の生育に不足し、ワラや肥やしなどでカバーできる範囲をこえていることが確認できたので、最低限の野菜にマルチを採用するっことにしたとゆうわけです。 そう今年は「トウモロコシ」に採用です。 期待できるかな?





d0116207_14594419.jpg
 そしてこちらは、蕎麦(soba)の畑です。去年稲(ine)を栽培した場所です。収穫は、10月の予定です。今現在、蕎麦の種を蒔いている最中です。今週中に完了します。
 めでたくそばが収穫できたら、家内がそばを打ってくれるそうです。つながるかどうか保証の限りではありませんが・・・。






by oikuri | 2018-06-21 15:01 | 八つだより | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oikuri.exblog.jp/tb/26927737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< パッションフルーツ(時計草)開花 田圃の向こうの南八ヶ岳 >>