八ヶ岳山麓の阿弥陀岳の麓「美濃戸minoto」での日常生活
by oikuri
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


ミヤマハンショウヅル

2018/05/28(月)  (旧暦)卯月14日

d0116207_19125448.jpg
 隣近所の庭には結構自然に咲いている「ミヤマハンショウヅル(写真)」なのですが、当方の庭ではなかなか咲くことがありませんでしたので、四、五年前に阿弥陀展望台の東屋のそばに小さいつるをみつけたので、庭に移植してみたのです。今朝、家内が「紫色の花が咲いているわよ」と教えてくれたので見に行くと、なんと六輪も数珠繋ぎに咲いているではありませんか・・・。とうとうわが庭にもミヤマハンショウヅルが咲き、下向きに花開いております。うれしいですね。




 夕方、どうなっているか様子を見に行くと、元気にしておりましたですよ。
d0116207_19130345.jpg
 ミヤマハンショウヅルは「ミヤマ(深山)」と「ハンショウ(半鐘)」に「ツル(蔓)」の三つをつなげた名称の花の名です。
 ハンショウ(半鐘)は、火の見櫓(ひのみやぐら)についているハンショウ(半鐘)によくにているところからきているのでしょうね。

 当方はもうすぐ76歳になりますが、戦前の教育は受けておりません。80歳を超えた方々は、戦中の教育を受け、戦後の学制改革のあおりを受けた経験者です。その方々もだんだんと姿をみなくなってきました今日この頃、世の中はまた変動の季節をむかえたようで、毎日たががはずれたような世相が展開されております。戦中教育を受けた方々は、「世の中って、百八十度変わるもんだよ」っとゆう実体験をもっておられますが、その後の世代がそのような体験を、これから身をもって経験するのでしょう。ゆうなれば、人間がためされるのです。自分を見失なうことなく落ち着いて冷静に行動したいものです。





by oikuri | 2018-05-28 19:13 | 八つだより | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oikuri.exblog.jp/tb/26832507
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 九輪草(kurinsoh) よもぎ乳酸菌 >>