八ヶ岳山麓の阿弥陀岳の麓「美濃戸minoto」での日常生活
by oikuri
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


75(歳)の手習い

2017/12/13(水)  (旧暦)神無月26日

 久しぶりの更新です。
 75年の歳月を生きて、生まれて初めて作詞・作曲の手習いを始めましたですよ。当方の頭に浮かぶメロディーが、正確に五線譜に反映されているかどうか、よくわかりません。
 下記の五線譜による「八ヶ岳」のうたと尺八の演奏と若干リズムの取り方が違うかもしれませんので、その点ご指摘いただければ修正してゆきたいと思っておりますので、どしどしコメントをお願いいたします。


 これが・・・初めての譜面です。
d0116207_21581594.jpg


 歌詞を漢字まじりで書いておきますね。
 
 〜緑の森 山青く 鳥高く空を舞う
 〜ホテイのラン崖に揺れ 森深くヤマネ棲む
 〜コマクサの花石に咲き 湖に霧の湧く
 〜美しき嶺よ 八ヶ岳


 そして、つたない演奏ですが、尺八(地無し「常春」銘・二尺三寸五分管)でメロディーを吹いてみましたので、よかったら聴いてみてください(下の文字をクリックすると、「YouTube」の画面に飛びます)。

 尺八による「八ヶ岳のうた」演奏。
by oikuri | 2017-12-13 21:58 | 八つだより | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oikuri.exblog.jp/tb/26230519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 八ヶ岳のうた  アルト版です。 とうとう「雪化粧」 >>