八ヶ岳山麓の阿弥陀岳の麓「美濃戸minoto」での日常生活
by oikuri
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


ミヤマハンショウヅル(その後)

2018/08/11(土)  (旧暦)葉月01日


d0116207_13024320.jpg
 先日、庭を歩いていたら変わった雰囲気を感じ、よくよくあたりを見回すと・・チングルマの花の後のような・・ミヤマハンショウヅルの花の後の「姿(写真上)」が目に入ってきましたですよ。花の姿は、このブログで2018/05/28に報告しましたから、花から2ヶ月少しでこんな姿になるんですね。


 念のために、花の写真を下に載せておきましょう。





d0116207_13022067.jpg






# by oikuri | 2018-08-11 13:03 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

守屋山

2018/08/03(金)  (旧暦)文月22日


d0116207_09020870.jpg
 軽の自動車を改造したキャンピングカー(写真上)をつくり、熊本から陸路・フェリー利用で北海道を周回・山行しながらの長旅50日余りの山好き人、エクシードkazuさんが去る7/31に来荘されました。フェリーで北海道から本州に渡った後も鳥海山・月山などの「頂(いただき)」をきわめながら、来荘直前には石打山・妙高山を12時間で踏破してこられた健脚家です。(現在の彼のブログの表題は「KAZUのyomo山話Ⅲ」です。)
 今は消滅したドブログとゆうブログサイトで知り合った仲間の一人が、エクシードkazuさんです。奄美大島は「加計呂麻島」のやど「紫微鑾駕(しびらんか)」までご一緒したこともあります。
 今回はめでたく定年退職され、好きな山行の旅を存分に満喫する生活の始まりとしての下準備、来年もまた北海道をまわる希望をもっておられる、パワフルな登山家です。




d0116207_09015876.jpg
 2018/08/01 一等三角点のある上諏訪神社の守り山である「守屋山」を案内してきました。
 天気は良かったのですが雲が多く、視界が利かない日でしたが、汗をかきながらの山行を楽しみました。



d0116207_09014371.jpg
 登山道も一部改修されていて「赤井沢新道」とゆう真新しい標識が立っております。



d0116207_09012121.jpg
 健脚のエクシードkazuさんは、どんどん「頂(いただき)」をめざして登って行きます。




d0116207_09005977.jpg
 守屋山はピークが二つあり、こちらのピークは西峰になります。一等三角点としては日本で78番目の高さにあるそうです。視界があれば三百六十度のパノラマが愉しめます。今回は諏訪湖と茅野市街がかすんでみえる生憎の天候でした。またの機会に期待しましょう。



d0116207_09004619.jpg
 「頂(いただき)」をきわめ降ると「水汲み場」とゆう広場にでます。とてもよく整備されていて、バーベキュウなど家族連れで楽しく食事をとることもできます。




d0116207_09002971.jpg
 夏休みに入ったので利用者が便利で快適に過ごせるよう地元の方々が大勢で、ベンチやテーブルや歩道の整備・修理を実施しておりましたですよ。大きな鍋で料理をしているおじさんに声をかけたら「もう少ししたら豚汁ができるから食べて行きませんか・・・」とさそわれました。食べたかったけれど茅野の外科病院を探す予定があったので残念ながらパスして下山。でもおかげで無事整形外科をみつけることができましたので良しと致しましょう。



d0116207_09001893.jpg
 地元の方々の作業を眺めながら、守屋山をあとにしました。



d0116207_09000842.jpg
 この木道も、行きにはあちこち危ないところがあったのですが、地元の人の手入れがはいり、快適に下ってきました。ありがたいことです。

 2018/08/02 エクシードkazuさんは八ヶ岳をあとにして日本海を目指して出立してゆかれました。途中「雨飾山」に登るとおっしゃっていたので、今頃は雨飾山の「頂(いただき)」に立たれておられるかもね。

 無事に熊本まで戻られるよう祈っております oikuri です。







# by oikuri | 2018-08-03 09:04 | 八つだより | Trackback | Comments(2)

暑さ寒さも彼岸まで・・・

2018/07/24(土)  (旧暦)文月12日

d0116207_21201792.jpg
 暑さ寒さも彼岸まで・・・とゆいますが・・・彼岸までまだだいぶありますですね・・・この暑さ老いのからだにはこたえます。空調機のない山小屋なので、窓をあけっぱなしにしても、あついです。そうはゆっても、41.1度Cなどとゆう温度にくらべれば、たいしたことありません。ここは昨日の最高気温が28度Cでしかありませんからね、 でも暑いです。太陽の力は今更ながら「すごい」もんです。太陽と水と空気と土がなければ植物も動物もいきてゆくことができません。だからこの暑さにも、太陽への感謝の気持ちを忘れないようにしたいものです。



d0116207_21200047.jpg
 八ヶ岳農業実践大学校の今の「芝の広場」です。







d0116207_21194960.jpg
 八ヶ岳農業実践大学校の「売店」です。このような天気が続くと、またまた野菜などの値段が高騰しますから、用心して対策を早めに講じておいてくださいね。たとえば・・・冷凍できるものは冷凍保存するとか、調理して冷凍保存するとか・・・ね。



・・・と書いた後で知りました。

と・・・良き人は先に逝く・・・。













# by oikuri | 2018-07-24 21:21 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

本日の時計草

2018/07/21(土)  (旧暦)文月09日

d0116207_19513668.jpg
 今朝の畑に、時計草(パッションフルーツ)の花が一輪咲いておりましたですよ。
 上から見るとご覧のように日時計みたいな姿をしてますね。

 これを横から見ると、下の写真のようになります。


d0116207_19512562.jpg

そしてこの花が一旦しぼんで雌しべが受精すると、付け根がふくらんで、下の写真のように卵のような実がつきます。ことしは今現在、3個実っております。これから咲く花がいくつ実(ミノル)か、神のみぞ知る・・・とゆうことです。
d0116207_19511245.jpg




 さて、畑には色んな野菜が栽培されておりますが、下の大きな野菜は一体なんだとおもわれますでしょうか?
 なぞなぞです・・・解いてみてください。
d0116207_19500248.jpg









 正解は、ごぼう。牛蒡がとう立ちした姿なんです。
 とう立ちしたゴボウには「花」が無数に咲きます。
 そして実ると、小さな「海のウニ」のような形をした実をたくさん付けます。
 それを回収すれば、何万倍もの種が収穫できるのです。
 ところがどこかの政府は、種子法を無効(2018/04/01)にして、個人が種を保持することを禁止する法律をつくろうとしております。どこかの国のモンサントとかゆう会社がぼろもうけする下地をつくろうとゆうわるだくみがしんこうしておりますのですよ。どこかの国の水道をみんえいかしたら、さいしょはともかく後日、価格をつりあげたため貧乏人は水も飲めないひどい世の中になってしまったように、このくにもしたいそうです。じぶんたちがもうかるなら、たねもみずもひとりじめするとゆう、あくまのような計画が、ひそかにじゅんびされている今日この頃、みなさまいかがおすごしでしょうか? ん? あつくてあつくてなにもかんがえられないって? ・・・ご自愛ください。















# by oikuri | 2018-07-21 20:02 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

岡山行き

2018/07/14(土)  (旧暦)文月02日

 2011年3月の大地震と原発事故の折に、お世話になった義妹の法事(七回忌)とゆうことで、7/7(土)大雨被害の出ている中、出かけました。江戸のテレビには「山陽新幹線や山陽本線の運行情報」は、全く流れません。東海道新幹線の運行状況もほとんど流れないので、とにかく最寄りの駅まで行って状況を確認することにする(今回テレビは全く何の役も立ちませんでしたね)。八王子の駅に着き駅員に聴くと「兎に角新大阪まで行って、新大阪から先のことは向こうの駅員に確認してほしい」とゆうので、とにかく行けるとこまでいこうとゆうことになる。
 八王子から横浜戦で「新横浜」までゆき、予約しておいた新幹線に乗る。岡山までの指定席特急券だが、来た新幹線は「新大阪行き」に変更になっております。変更のアナウンスもなく、既定の事実のように運行されているのにびっくりしましたね。乗務員に「新大阪から先に行きたいのだが、可能性はあるか?」と聴くと、「今日の15時山陽新幹線運行再開の予定と乗務員に聞いたと伝え、新大阪の駅員に運行状況を確認してほしい」とゆわれる。
 新大阪に着いて、すぐに駅員に確認を取ると「15時再開はありません」ときっぱり一言あるのみ。これはいかんと・・・大阪泊・・・も念頭に置きながら改札に向かう。新大阪〜岡山の指定席特急券の扱いがどうなるかの確認をとるため長い行列の最後尾にならんでいると、改札の向こうの柵のところで手を振る人の姿を確認。誰かな?と良く見ると大阪在住の家内の妹の姿でありました。
 やれやれこれで宿の心配はなくなったと、ホッと一息つくことができました。
 


d0116207_15140134.jpg
 なんだかんだその後色々あった結果、最終的には、亀岡天満宮の脇に新居を建てた家内の妹の長女のところにころげこむことになりましたですよ。そう京都です。写真は亀岡天満宮の入り口にある「八条ヶ池』と「六角舎」です。池の向こう側には「亀岡市役所」が写っております。


d0116207_15142531.jpg





 翌朝(7/08)、亀岡天満宮の境内を散歩したあと、車で新大阪まで送っていただき、運転が再開された山陽新幹線で岡山まで移動。
 岡山から在来線で新倉敷までゆく切符を購入していたのですが、在来線が全面ストップ。仕方なく新幹線こだまで新倉敷まで行くことに。ところがきた電車が写真の「Hello Kitty Shinkansen」みんな興奮気味で嬉しそうな笑顔になっておりましたですよ。車内もきれいです。なんとか無事に新倉敷に到着。この後、すぐ北の「真備町が水没」したことを知りました。

d0116207_15144126.jpg

 なんとか岡山の家に到着し、近くの様子を見に出る。
 高梁川にかかる「かすみ橋」の近くの河原も濁流が引いたあとが、下の写真のような有様。今回の豪雨の凄さを物語ります。
 真備町の親戚の家は高台にあるため水没はまぬかれましたが、まさに陸の孤島状態で水道も電気も止まっていて、水没した家の方々の避難場所になっている状態との知らせが入る。家内が通った小学校の体育館が、真備町の方々の避難場所になったため、小学校は臨時休校とか。天気は回復したものの、ひどい暑さの岡山でした。


d0116207_15160452.jpg





# by oikuri | 2018-07-14 15:17 | 八つだより | Trackback | Comments(0)