八ヶ岳山麓の阿弥陀岳の麓「美濃戸minoto」での日常生活
by oikuri
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


おもふ

2015/04/05(日) (旧暦)如月17日

 三月すえから今日(4/5)まで孫たちがあそびにきておりましたですよ。まあ、成長したような相変わらずのような毎日でした。こんどいつ来るのかな?
 それにしても昨日は暑かったです。ここの外気温がプラスの19度Cもあって、まるで夏日でしたよ。

 昨日遊びに行った八ヶ岳自然文化園に咲いていた水芭蕉。
d0116207_11225657.jpg



 当方は、お「能」についてはからきし知識もなく70年も過ごしてまいりましたが、いただいたコメントに刺激されて、安田登「異界を旅する能」ちくま文庫や-40-2を遅ればせながら手にとってみております。
 その副題が「ワキという存在」とゆうんですが、ワキとゆう言葉は聴いていてもその内容についてはなにも知らずにきて、今頃ほうなるほどふんふんとゆう具合で、にわか知識を仕込んでおります。

 この本を読んでいるといろいろなことが脳裏に呼び覚まされて、あれこれと本題と離れた妄想が浮かんでは消えするので、そうゆう意味でもとてもおもしろく愉しみながら文字をおっておりますですよ。

 そんなこんだで、読書中に浮かんだ妄想などをすこしづつつづってみようかとおもふ今日この頃、みなさまいかがおすごしでしょうか?

 西洋の哲学者のことばに「われ おもふ ゆえに われ あり」とゆうのがありますが、この「おもふ」われは、どうも自然から切り離された人間(われ)であるようですね。
 日本で使われる「おもふ」は、どうも自然にどっぷりと漬かった人間(われ)のようです。だからでしょうか、道(タオ)なんて発想も自然と切り離せないところから出てきており、日本人の一角を汚している当方などには馴染みやすい発想なのかもしれませんね。

 また「自由」とゆうことばも、西洋では時の支配権力からの「自由」とゆう意味合いから生まれてきているようですが、日本でゆう「自由」は、いろんなしがらみからの「自由」とゆう意味合いが強くて、支配権力からの「自由」とは意識的に大分ずれているようですね。「権利」も西洋では獲得するものの意味合いで成立するものですが、日本では「権利」はあるもの又はあたえられるものの意味合いが強いようにおもいます。まっ、これは当方の妄想ですからあたっているかどうかはあやしいものですが・・・。でも、これを前提にすると、日本国憲法の存在の危うさの根源が、その同じ「ことば」に西洋的な発想と日本的な発想が明確に意識されないで、場合によってはごちゃごちゃに恣意的に我田引水的に利用されてきたところにあるのではないか、とおもふ今日この頃です。



------------ 以下はCMです。無視してくださいね。 ------------
# by oikuri | 2015-04-05 11:23 | 八つだより | Trackback | Comments(1)

音楽

2015/03/26(木) (旧暦)如月07日

 音楽、歌でもいい楽器でもいい、独奏でも合奏でもいい。音楽のジャンルは問わない。聴きたいときに聴きたい曲をきければそれだけで幸せになれる。こころが自由になる。

d0116207_2022349.jpg


 ちょうど老子が・・・


大自然(タオ)の母親のおっぱいを
たっぷり吸っているんだよ。
滋養でいっぱいの
あのお乳をね。

加島祥造「老子」新訳(地湧社)第20章「おっぱい」は好きなだけ吸うがいいより抜粋

 ・・・とゆうように音楽を通して道(タオ)の力(エナジー)が身体に染み込んでくる感じです。好きな音楽を聴いているときは、まさに「滋養でいっぱいのお乳をたっぷり」と吸う感じです。音楽の持つ癒しの力は、道(タオ)そのものの力に依っているのかも知れませんね。


------------ 以下はCMです。無視してくださいね。 ------------
# by oikuri | 2015-03-26 19:51 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

末法の世

2015/03/22(日) (旧暦)如月03日

 末法の世

d0116207_1958377.jpg


 人間の生活単位はやはり「家族」にあるだろうと思うが、「家族」をもたないひとやもてないひともいるから絶対的なものではない。ちち・ははがいてこどもがいてぢぢ・ばばがいる家族が望ましい構成かもしれないが、敗戦後の日本ではまず「ぢぢ・ばば」抜きのかく「家族」化が進行してゆき、いまそのかく「家族」もかげがうすくなって「家族」ほうかい時代の様相をしめしております。「家族」ほうかいの最大の被害者はやはりこどもです。いまこどもたちのおかれている状況は「末法の世」のような気がいたしますですよ。

d0116207_19593426.jpg


 老子は、家族持ちではなかったようなので、その言説には家族の影があまりありませんが、それでもいわゆる「老子」第一章で次のようにゆうのです


この名のない領域から
天と地が生まれ、
天と地のあいだから
数知れぬ名前が生まれた。
だから天と地は
名のあるものすべての
「母」なのだよ。


加島祥造「老子」新訳(地湧社)第一章11頁より抜粋
 そして、同書第五十二章126頁で


道(タオ)は万物を生む根源の力(エネルギー)と言ったが、
言いかえれば、道(タオ)は万物の母だ。
道(タオ)という母から生まれたわれらは
子なのだ。
そう知ることで、ひとは
道(タオ)の大きな優しさを知る・・・
子が母の優しさを知るようにね。
自然に
母の懐(ふところ)に帰ることで、
安らかな人生に向かう。

d0116207_19561627.jpg


 と、ゆうように老子は、ははとこどもの関係を使って「優しさ」や「やすらぎ」をたとえにしております。まあ、ははがかならずしも「優しい」とは限りませんが、それでもこどもはははを愛します。鶴見俊輔のようにははから生まれたときから「殴ったり」「蹴ったり」「柱に縛りつけたり」されてもこどもはははを愛するのです。
 それくらい、こどもにとっては、ははは必要な存在であり、その次に「家族」とゆう環境に深く影響を受けてそだつ存在なのです。でもいまはその「家族」も影がうすくなっている「末法の世」に知らぬ間にこどもたちは置かれ、どうしたらよいのか途方に暮れているのです。こどもたちに、今、ははのような優しさでおとなたちが接してあげないといけない「末法の世」であることを自覚し、おとながこころして接(行動)しないと、こどもたちがあまりにもかわいそうな世の中なのです。



 お茶(カノン)さん、すてきなコメをありがとうございます。 3/22 by oikuri
------------ 以下はCMです。無視してくださいね。 ------------
# by oikuri | 2015-03-22 19:50 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

水のように

2015/03/18(水) (旧暦)睦月28日

 森沢明夫とゆうひとが質問し、須藤元気とゆうひとが答える形式の 「風の谷のあの人と結婚する方法」とゆう面白い標題の本(幻冬社文庫 す61)があったので読んでたら、その164頁に次のような文言が・・・

 理想的なリラックス状態とは「水」ではないでしょうか。水は、どんな器に入れてもその形になれます。そして、己の形が変わっても、自分自身が水であるというアイデンティティーは決して失わない。<和して同ぜず>です。周囲とは争わず調和を重んじるが、自分の信念はしっかりと持ち、安易に同調したり迎合したりはしないという意味です。

d0116207_2213429.jpg



 ・・・あれえっ!? どこかで聞いたような文言では? と加島祥造「老子」新訳をめくってみるとその27頁の第八章に・・・


タオの人は、
水に似ている。
水は、
すべてのものを生かし、養うけれど、
争ったり、威張ったりしない。
ひとの厭がる低いところに、
すすんで入ってゆく。
タオの人の暮らし方も、地について、
低く落ち着いている。
心は、静かで深い淵のようだ。
ひとには、優しくて、親切だ。
自分のいちばんいいタイミングで活動する。
仕事はひとに無理させないで、
自分の喜びからしている。

とにかく水に似た人は、
争わない。
争わないから、
誰からも非難をうけない。

d0116207_22151263.jpg


 そう、水は凍ると入っていた器を破壊する力を秘めております。水滴の一つ一つはなんともないものですが、固い岩でもいつの間にか穴をあけたりする力を秘めております。でもそんな素振りはつゆもさとられないやさしいしなやかさが水の心情です。あやかりたい水の生態ではありますね。


・・・上の写真は、ここのところの高温で雪が溶けてその下から出てきた木の葉です。ここ八つも春近しです。

------------ 以下はCMです。無視してくださいね。 ------------
# by oikuri | 2015-03-18 22:02 | 八つだより | Trackback | Comments(2)

イマジン

2015/03/14(土) (旧暦)睦月24日

 くれた本人ももらった当方も風邪の症状から解放されつつあります。
 あの新井満氏が2006年5月にニューヨークの亡きジョン・レノンの
 自宅ダコタ・ハウスでオノ・ヨーコ女史と対談した話を読んでいたら
 こんな話の展開になっており、びっくり

オノ 老子といえば、ジョンと老子の話をしたことがありますよ。
   ジョンは老子に似たタイプだとおもうんです。
   「あなたはそうゆう人ね」って言うと、とても喜んでました。
新井 へえ、ジョン・レノンさんが老子のように感じられたという
   のは面白いな。
オノ 何かこう、フラッとしてるのよ(笑)。
新井 フラフラッですか?
オノ そうじゃないの。さりげなくフラッと現れて、いつのまにか
   フラッといなくなるの。
新井 なんだか風みたいな人ですね(笑)。
オノ そう。ジョンは、風ね。

新井満 自由訳「イマジン」(朝日文庫あ-46-3)111頁より抜粋

d0116207_20353555.jpg





イマジン       詞/ジョン・レノン

想像してごらん 天国なんてないんだと
やってみれば かんたんだろう
下に地獄もないんだ
上にはただ空がひろがっているだけ
想像してごらん
みんないまこの時を生きているのを・・・

新井満 同書64頁より抜粋





------------ 以下はCMです。無視してくださいね。 ------------
# by oikuri | 2015-03-14 20:36 | 八つだより | Trackback | Comments(0)