八ヶ岳山麓の阿弥陀岳の麓「美濃戸minoto」での日常生活
by oikuri
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


<   2015年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

はかないゆめ

2015/07/18(土) (旧暦)水無月03日

 当方は死んだら墓(はか)にはうめないで焼き場で焼いたあと「骨を川に流してほしい」とひごろゆってはいるのですが・・・はかないゆめにおわりそうです。死後のとりあつかいは死者の意思のおよばないところなのですからね、どうしようもないこととあきらめておりますですよ。ぶじに川に流してもらえたらさいわいだなあっとはかないゆめをいだいている今日このごろ、みなさまいかがおすごしでしょうか?

 台風が三つも太平洋上でそろい踏みしていたのですから、取組がすすめば白黒の結果は覚悟しないといけないのはこの世のさだめ。台風をむかしは神風とよんでいたこともありましたですね、蒙古の大艦隊が北九州の沖合で壊滅したのも神風のひと吹きとか、大東亜戦争では戦闘機にその名がつけられておりましたですね。にほんは台風銀座とゆわれるとともに、火山列島ともゆわれる活火山と地震のおおいいくにです。しかし、これらはみな大宇宙に浮かぶ地球とゆう大自然が自立して変化する過程で起こるいわゆる自然現象ですね。地球の中心にまださめやらぬマグマが地球の表面の割れ目から噴き出すのが火山性の噴火です。
d0116207_1510257.jpg

 さいきんのにほんには、このマグマの噴火にくわえて、原発がメルトダウンしてうみだした核燃料デブリ(débris)が加わって噴煙をあげるようになったのですから、にほんの前途は多難であります。
 ようするに、格納容器内で核反応させていたものが、露天で核反応をはじめているんですからね、こんなきけんでぶっそうなものはまたとありません。かねもちやけんりょくしゃたちは、せんそうをほうきしたにほんでもせんそうして利益をあげようとゆめをえがき、おりんぴっくでいっかくせんきんをとせんりゃくをねっておりますが、この人工の活火山(核燃料デブリ)から吹き出る噴煙の影響をほうちしたままなのですから、かれらのゆめもすべてはかないゆめとおわるのです。そんなに遠い未来ではありません、きのつくかたはすでにその時期がきていることをさっちしておりますですよ。かなしい事態ではありますが、今や避けようがありません。当方のゆめが、はかないゆめにおわる、ゆえんでもあります。





------------ 以下はCMです。無視してくださいね。 ------------
by oikuri | 2015-07-18 12:47 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

久しぶりの

2015/07/14(火) (旧暦)皐月29日

 今日は朝一で畑にでかけて麦刈りをする。昨日一畝で今日は二畝刈りましたですよ。陽が高くなると暑くてめがくらくらします。刈った小麦を束にしてハザ掛けしてから、銀行で国民健康保険料を支払い、GSでガソリンを入れ、八ヶ岳農場で玉子を買って帰り、ポストの郵便物を回収しているところに車が止まったので、みるとKMさんが運転席で笑顔をみせているではありませんか。
 いつも畑の帰りには阿弥陀岳と横岳に向かって車を走らせるのですが、横岳は大同心の膝元に咲く花を見につれていってくれた方が、KMさんなのです。だから・・・・いつも畑のかえりに大同心をみながら「KMさんはどうしておられるのかなあ」っと思いながら帰るのが習慣になっていたものですから、とつぜんそのKMさんが姿をみせたのでビックリしたとゆうわけです。
 元気そうな姿をみせてくれてほんとうにホッとしましたところです。また寄ってね。

  写真 八ヶ岳農場の芝生から「阿弥陀岳・横岳・峰の松目」を望む

d0116207_2310173.jpg



------------ 以下はCMです。無視してくださいね。 ------------
by oikuri | 2015-07-14 22:50 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

小麦の異変

2015/07/13(月) (旧暦)皐月28日

 久しぶりの更新です。
 やっと雨が止んで太陽が顔を出しての農作業ですが、麦秋の小麦に異変がおこっております。昨年末にに種を蒔き、今春に順調に生育していた小麦たちが黄色く色づく今日この頃、その異変が始まりましたですよ。
 はじめに蒔いた小麦はしっかりと実をつけて黄土色になっています。終わりのころに蒔いた小麦も同じように黄土色に色づいて結実しておりますが、時期的に中間に蒔いたことになる6列(6畝)が全部立ち枯れたようになり穂の部分が黒く病変しており畝全体が白っぽい麦秋とゆう異変です。これには当方もお手上げで、対処のしようがありませんですね。ヨモギ乳酸菌もこの時期では役に立ちません。
 証拠の写真を撮ろうとしたら、カメラが動きません。よくみたら電池切れ、とほほのきょうこのごろみなさま如何おすごしでしょうか?

 7/11は、当方の誕生日で73歳になりました。老体にむちうっての農作業の結果がこのようでは、少々気がぬけるしだいですが、原因がよくつかめません。おそらく小麦の穂に花が咲く時期に関係がある事態が予測されるのですが・・・。

 ブログの更新をさぼって、雨の合間にやっていたことを記録しておきますね。まずは(1)苗の植え付け作業「ヤーコン、エゴマ、キュウリ、トマト、ナス、ズッキーニ、棒ネギ、カボチャ、イタリアンパセリ、ルバーブ」 その次(2)種蒔き作業「空芯菜、人参、胡瓜、南瓜、大根、絹サヤ、モロッコインゲン、ハナマメ、馬鈴薯、陸稲」 そして最後の陸稲の苗が育ったので(3)「陸稲の植え付け作業」が終わり、これから「麦刈り作業」とゆう次第です。
 そうそうその間に(4)収穫作業がありましたですね「よもぎ、いちご、たまねぎ、にんにく、きぬさや」とゆったところですかね。 まっ、元気ではたらけるうちがはなですかね。
 そうそう、農作業の合間によもぎ乳酸菌をつくり、石窯もつくりましたね。今は並行して作業小屋もつくっております。なんでこんなにやることが多いんんだろうってふしぎにおもう今日この頃です。
d0116207_327044.jpg


 証拠写真
 一番奥の黄土色の小麦が一番遅く蒔いた種の実、一番手前が最初に蒔いた種の実、真ん中が異変の中間に蒔いた種の実です。分かりにくですかね?
d0116207_21134276.jpg


------------ 以下はCMです。無視してくださいね。 ------------
by oikuri | 2015-07-13 02:32 | 八つだより | Trackback | Comments(0)