八ヶ岳山麓の阿弥陀岳の麓「美濃戸minoto」での日常生活
by oikuri
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


<   2015年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

はな

2015/05/28(木) (旧暦)弥生11日

d0116207_19451559.jpg


d0116207_19481227.jpg


d0116207_19493251.jpg


d0116207_19495936.jpg


d0116207_1951335.jpg


d0116207_19512344.jpg


d0116207_19521187.jpg


d0116207_19523424.jpg


 ここに掲げた「はな」や草には、いまはそれぞれに名前がきちんとついております。でも、名前なんかしらなくてもいいんです。名前を知ると「欲がくっつく。欲がくっつけば、ものの表面しか見えない。そのむこうの名のない領域を感じとるには無欲になることだ。それしかないんだよ。」*と老子はその第1章で指摘しております。
 ほんと、この「はな」に名がついたばかりに「盗掘してゆくひと」があとを絶ちません。畳一枚分もの群生しているものでも平然ともっていってしまうのですからね、名前を知った人間の欲とはすごいものです。

* 加島祥造著 「老子」新訳 名のない領域からの声(地湧社)第1章11ページより引用
------------ 以下はCMです。無視してくださいね。 ------------
by oikuri | 2015-05-28 19:43 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

ゆうゆう

2015/05/21(木) (旧暦)卯月04日小満

 昨晩は雷がなっての風雨、一転今朝は抜けるような快晴、なんともきまぐれな天候です。まわりの田んぼでは田植えがぼちぼち始まっております。今朝は豆の種まきと苗床作りをし、すこし足をのばしてJAファームでズッキーニの苗を購入したあと、茅野市高齢者福祉センター塩壺の湯「ゆうゆう館」へゆく。米沢温泉「塩壷の湯」は有料ですが、ここ「ゆうゆう館」は茅野市の65歳以上の方は無料で入れる新装なったきれいな温泉です。農作業の汗を流すのには最適な環境、茅野市に住んでよかったとおもう一瞬です。そこから東の方を望むと、右から権現岳・阿弥陀岳・赤岳・横岳に硫黄岳が、昨晩の荒天で白く雪をかぶった姿を新緑の中にみせてくれますですよ。
d0116207_22231076.jpg


 八ヶ岳の初夏は、野草の花の宝庫となります。スミレの花も何種類ものがあって興味がつきません。当方の山荘の庭にも、毎年ツマトリソウのかれんな姿が薫風に揺れ目をたのしませてくれます。年々その数が増えてゆくので環境も適しているのかもしれません。
d0116207_22352073.jpg


 このごろますますいろんな規制がはつどうされてきておりまして、15歳の少年のつみのない行動にまでかさにかかったようなふほうな拘束がおこなわれてます。かれははっきりいってなんの罪もおかしておりません。かれがたいほされるのがゆるされるならば、つぎはわがみとなること必定です。たとえばテレビなどのマスメディアで「ほうしゃのう」に関連することばを規制しておりますが、そんなよのなかでふくいちの「ほうしゃのう」がきけんだなどとゆえば、かれとおなじように社会をさわがせる「ふらちなやつ」だとたいほされかねない今日この頃、みなさまいかがおすごしでしょうか?
d0116207_22545189.jpg


 お茶さん、コメをありがとうございます。

------------ 以下はCMです。無視してくださいね。 ------------
by oikuri | 2015-05-21 22:23 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

いれば

2015/05/16(土) (旧暦)弥生28日

d0116207_12382339.jpg


 いればとゆえば、当方はすでに総いればです。孫があそびにきてぎょっとするのも、当方がいればをはずしている現場に遭遇したときです。はをきちんとみがかないとこうなるぞ、とおどかすと効果覿面です。
 尺八も歯が抜けたりして口の形状が変わるとてきめん、音がでなくなります。ましてや総いればとなればゆうもあらず・・・悲惨なものです。今まで通りに竹を吹いていると、下のいればが浮き上がってきて口をふさぎ吹きつずけることもできなくなります。そんな時に、偶然WEBで「地無しを吹く極意」のサイトを覗いたのが幸運をよび、前川耕月氏の好意をえて今日なんとか総いればで竹を吹くことができております。なんともありがたいことと感謝しております。
 そんなこんなの毎日をすごしておりましたところ、このブログ oikuri へのコメントで「お能」に興味をもつこととなり、ついには能楽師でワキ方をされておられる安田登さんの「異界を旅する能(ワキという存在)」ちくま文庫をよむこととなりましたですよ。
 それもこれもみんな老子につながる縁であることが、いまふりかえるとわかりますね。

 そうそう安田登さんの話だったかと思うんですが、たしかお父様が交通事故で亡くなられたときに、いればが吹き飛んでどこにいったかわからないことがあり、後日安田登さんがふときづくとその行方知れずだったお父様のいればをひろいあげている自分を発見したとゆうことが書かれているのを読んだ記憶があります。警察の捜査でもわからなかったいればのありかを、いかにもみちびかれるようにその場に到達しいればをひろいあげるとゆう不思議な自分の経験と同時に事故当日に母親と妹におそった幻聴経験にも触れている文章でした。
 いまの時代、死後の世界について真剣にはなすときちがいあつかいされかねないので、きょくりょく避けようとおもうんですが、1772年3月29日に亡くなったスウェーデンボルグが同様の経験をしていて、彼の説明によると「一瞬ではあるが、死の世界に足を踏み入れていたひと」だから体験できたことだとゆうことになります。夢幻能は、死の世界に足をふみいれる一瞬を、ワキが導くとゆってもいいのかもしれませんですね。

------------ 以下はCMです。無視してくださいね。 ------------
by oikuri | 2015-05-16 12:38 | 八つだより | Trackback | Comments(1)

この事態は?

2015/05/13(水) (旧暦)弥生25日

d0116207_1953584.jpg
甲斐駒ケ岳

 「我が国の存立が脅かされ、国民の生命・自由および幸福を追求する権利が脅かされる明白な恐れが認められる事態」

 これって、どう考えてもにほんの3.11の福島原発事故の事態しか頭に浮かばないのですが・・・。

d0116207_1954241.jpg
小麦畑

 それなのに、いまだになんのたいさくもとれずとけおちた核燃料がどこにあるのかもわからない事態のまま四年以上もたっておりますのですよ。いったいどこのだれがなんのために、今頃になってこんな「事態」を予測しているんでしょうか? だれかごぞんじのかたおられましたらおしえてくださいませんか?

d0116207_1954351.jpg


------------ 以下はCMです。無視してくださいね。 ------------
by oikuri | 2015-05-13 19:55 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

はな

2015/05/10(日) (旧暦)弥生22日

d0116207_21521346.jpg

 やっとここ八つでも桜が咲きましたよ。ウグイスも啼きはじめましたです。スミレもあちこちに顔をだして風にゆれてます。カラマツの若芽が薄緑色をしてきれいです。そうゆえば今日は「母の日」でしたね。当方の母はすでにこの世になく、ブログの「はな」であの世にプレゼントです。

d0116207_21531992.jpg

 韮崎のワニ塚の桜を観に行った時に、武田神社近くの方からいただいた「花桃」が共同の畑で菜の花を従えて今満開です。林さんからいただいた小梨の花も白い花をいっぱいつけて虫たちをひきつけておりますですよ。今年はいっぱい実をつけてくれるかな?
 日本サクラソウも咲き、チューリップも水仙も競うように花開いております。ここでは、春の「はな」まっさかりですが、旧暦の暦でももうすぐに夏の季節に移ります。当方も、おかげで畑仕事におわれてブログもほったらかしの今日この頃です。 

d0116207_21541966.jpg

 去年植えた「赤カブ」の菜の花が黄色く満開の花をひらいて、青空に叫んでいるようです。
 おかあさん、ありがとう・・・ って。


------------ 以下はCMです。無視してくださいね。 ------------
by oikuri | 2015-05-10 21:54 | 八つだより | Trackback | Comments(2)

おかぼ

2015/05/05(火) (旧暦)弥生17日

d0116207_15103724.jpg

 このところ毎日おかぼ(陸稲)の種まきに追われておりまして、ブログも滞っておりましたです。やっと十一畝までこぎつけ、発芽をうながすため水を入れる。ちょうど雨も降って、これでおかぼの種まきも一段落です。もともと田んぼだったので、水やりは簡単にできるので助かります。おかぼの種の種類は「トヨハタモチ」です。もち米系の種です。うまれてはじめておかぼをつくります。さて、うまくゆきますでしょうか、おたのしみ。
 隣の田んぼには水が入り、これから代掻きが始まり、その後田植えにはいります。ひさしぶりににぎやかな田植えの季節の到来です。

d0116207_15113252.jpg

 種まきのあと「キタアカリ」とゆう種類のジャガイモを植えて帰る途中、八ヶ岳農場で卵を購入しによると、きょうはこどもの日だったんですね、芝の広場も熱気球があがってにぎやかでしたよ。里の桜も終わりに近くなり、いよいよ新緑の美しい季節に突入です。
 それにしても磐梯山も箱根山も噴火してもおかしくない状況のようですね。桜島も阿蘇山も御岳山も噴火しておりますからね、火山大国日本に住む人間は、ちょっとやそっとのことでは動じない、きもったまのすわった方々が多いのでしょうね。当方はきもったまがちいさいので、いつ富士山が噴火し八ヶ岳も・・・と心配しながら農作業をしております。そうそう福一の地下もぶっそうなうごきがあるようです。くわばらくわばら。
------------ 以下はCMです。無視してくださいね。 ------------
by oikuri | 2015-05-05 15:11 | 八つだより | Trackback | Comments(0)