八ヶ岳山麓の阿弥陀岳の麓「美濃戸minoto」での日常生活
by oikuri
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


カテゴリ:八つだより( 122 )

もみぢ狩り  (二日目)

2017/09/29(金)  (旧暦)葉月10日

 一日目の「八方池」の後、二日目は「乗鞍岳」のもみぢを狩ります。
 シャトル・バスを「摩利支天」とゆう停留所で降りて、歩きながらのもみぢ狩り。

 突然、上空に異音がするので見ると、なんと「ドローン」が頭上を飛翔しております。

d0116207_20485717.jpg


 雲の向こうに見える山は、北アルプスは「前穂」でしょうか?


 昨日の雨は止んで今日は天気回復、青空が徐々に拡大し、紅葉が映え太陽が降り注ぐ乗鞍の秋です。

d0116207_20565148.jpg




 乗鞍にはまだ「残雪」があり、その小さな白い部分で「スノボー」で滑る若者の姿も見えます。それにもみぢ狩りをしながら歩いていると、何台も自転車を漕いで登る若者たちがスイスイと当方たちを追い抜いて行きます。
d0116207_21417100.jpg


d0116207_218323.jpg


d0116207_219643.jpg


d0116207_2192461.jpg




 さて今度は風景ばかりではなく植物の姿に目を移してみましょう。
 チングルマの群生
d0116207_21145236.jpg


 ナナカマドの赤い実
d0116207_2116733.jpg


d0116207_21173349.jpg


 ミヤマハハコグサ?
d0116207_21183893.jpg



 秋の陽は「つるべ落とし」とはよく言ったもので、日陰を選んで歩いていたのが、冷たい風に変わり身体が冷えてきます。二日目の宿は「肩の小屋」です。もう一息・・・
d0116207_21241032.jpg



 畳平(tatamidaira)夕景
d0116207_21254038.jpg



 肩の小屋(katanokoya)・・・ここに泊まります。
d0116207_21273358.jpg



 歩いてきた道です。
d0116207_2128589.jpg


 
by oikuri | 2017-09-29 20:42 | 八つだより | Trackback | Comments(2)

もみぢ狩り  (一日目)

2017/09/28(木)  (旧暦)葉月09日

 恒例の「もみぢ狩り」に行く。天気予報も「一日中雨」、実際も雨また雨の中を歩きます。
 場所は・・・

d0116207_19583540.jpg



 歩く姿は・・・

d0116207_19593155.jpg



 たどり着いた「八方池(happoike)」は・・・

d0116207_2005364.jpg


 白馬の山々を映すことで有名な八方池も、雨には勝てません。



 でも道ばたの花は、雨ならではの美しさを見せてくれましたですよ。

d0116207_204103.jpg




 稜線も雨の煙でこんな具合。
 でも、静かな雨の「もみぢ狩り」もまたいいものです。
d0116207_2074627.jpg

by oikuri | 2017-09-28 19:52 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

「風の波紋」 その2

2017/09/23(土)  (旧暦)葉月04日秋分



d0116207_20192211.jpg

 ここ八ヶ岳の登山口「美濃戸」とは主峰「赤岳」をはさんで反対側の「清里」方面にある「山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター」で、小林茂監督の作品「風の波紋」が無料上映されると云うので出かける。道を隔てた反対側には「清泉寮」の売店やレストランがあるので、迷うことはありません。車でここから35分程度です。

d0116207_2019477.jpg

 少し早く着いたので、展示などを見て、12時半からの受付開始で入場。
 パンフレットによると・・・この映画は、
 「第4回グリーンイメージ国際環境映像祭・実行委員会・審査委員特別賞」を受賞・・・とゆう評価をいただいているそうです。


d0116207_2020414.jpg

 はじめは、パラパラだった入場者も始まる頃は、40人弱の入りでしたよ。今回は、前回に見た「風の波紋」よりかなり冷静に観ることができたので、いろいろ細かいところにも注意がゆき、面白い発見もしてきました。例えば・・・映像に出てくる車のナンバーが、当方の乗用車のナンバーと一緒だ・・・などなど。
 この後、第2部として「レンジャーによるガイドウォーク」とゆう催しがあったのですが、夕方・義兄が鳥見の後に寄るとゆうので、急ぎ帰荘。
by oikuri | 2017-09-24 20:20 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

久しぶりの「尺八」です。

2017/09/11(月)  (旧暦)文月21日


d0116207_1322089.jpg


 孫の誕生日からすでに一ヶ月以上すぎてしまいましたですね。
 久々のブログ更新と尺八の演奏をアップします。
 下の大文字をクリックすると YouTube の画面になります。

    「三谷菅垣

 (注) 上記の演奏では、録音マイクを尺八の管尻前方に設置して録音しました。また前川耕月氏が(故)岡本竹外先生から伝授を受けたとゆう「吹禅の技法」にも明記されている「口腔及び唇に力を込めないこと」が十分に果たせていないために「風切り音」が激しくなる演奏になりました。この事を反省し、今回できる限り「口腔及び唇に力を込めないこと」を心がけて演奏・録音し直ししてみました。まだ十分に果たせてはいませんが、前の演奏よりも聴きやすくなっていると思います。興味のある方は、下記の「大文字」をクリックして聴いてみてください。(20170917 oikuri追記)

  「三谷菅垣(別録音)



 今回は、琴古流尺八本曲「三谷菅垣 sanyasugagaki 」を選びました。
 竹は「常春」銘・2尺5寸管(F♯)の地無し尺八を使っております。
 約13分弱の長くて拙い演奏ですので、気が向いた時に聴いてみてください。

 なお、曲は「七行 nanagyo」の短い曲に一見みえますが、尺八の譜面をよく見ると「く」の字形の「繰り返し」記号が随所に埋め込まれており、その通りに演奏すると20分をはるかに超える大曲になります。従って、今回はその「繰り返し」を省き演奏しております。


 WEB で尺八のサイトを検索していると・・・
尺八吹奏研究会」とゆう・・・「貴志清一」さんとゆう方が運営しておられるところに偶然たどり着いたのがかれこれ数年前のことです。
 そこに掲載されている尺八吹奏研究会の「会報」を読んでいたら---「三谷菅垣」に関する記事が---当方が気付いただけでも、二つありました。
  一つは、「会報No.332」の---「初めて吹く琴古流本曲「三谷菅垣」(音声、楽譜)」です。
 もう一つは、「会報No.202」の---「CD:琴古流本曲を長管で吹く(頒布要項は文末)」です。

  「会報No.332」の・・・「初めて吹く琴古流本曲「三谷菅垣」(音声、楽譜)」---には、貴志清一氏の地無し尺八(一尺八寸菅)による演奏音源を聴くことができます。演奏時間は約六分ですから、当方の二尺五寸管の半分の演奏時間となっております。やはり竹が長くなると自然と演奏時間も長くなるようです。

 「会報No.202」の・・・「CD:琴古流本曲を長管で吹く(頒布要項は文末)」---では、貴志清一氏が二尺四寸管で琴古流の「三谷菅垣」を演奏する話(インターネット会報2012年5月号)が掲載されております。今では、琴古流の本曲を二尺四寸とか二尺五寸とかの長管で吹くのは当たり前の事のようになってますが、5年ぐらい前ではまだ白い目で見られることもあったようですね。時代は変わるのです。





 
by oikuri | 2017-09-11 13:22 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

今日は孫の誕生日

2017/08/08(火)  (旧暦)水無月17日

 今日は孫の誕生日です。
 誕生日おめでとう!
 幾つになったのかなぁ?

 今は夏休みで、孫たちは英国。家外が大阪で猫と留守番中。こちらは5号台風の八つで独身生活中。みんな元気です。感謝・感謝。


d0116207_871045.jpg

by oikuri | 2017-08-08 07:58 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

大阪出張(家外となる)

2017/08/05(土)  (旧暦)水無月14日


d0116207_1844392.jpg

 家内が、「もりとも」問題の視察のため大阪へ出張です(ウソ)。


d0116207_185365.jpg

 バスの到着が遅いので、間引きされたのかと心配していたら「枯れ木感謝祭」の脇の坂をやっこラサと登ってまいりましたですよ(ホッ)。

d0116207_1852630.jpg

 ここ八ヶ岳(美濃戸口)から大阪(阪急梅田)までの直行便です。登山客が多いかと思ったら、土曜日なもんで四、五人しか乗客がおりませんでしたよ。こりゃ儲けにならんわな。

d0116207_1854985.jpg

 でも、利用者にとっては乗り換えなしで大阪まで行けるので、便利便利。

d0116207_1861657.jpg

 いつもある便ではないので、予約して券を購入する際に運行日程を確認する必要があります。まあ、この超不便な八ヶ岳の麓ですからね、機会を逃さずに利用したいものです。

d0116207_1863880.jpg

 おもむろにバックをしてから・・・

d0116207_1871883.jpg

 大阪に向けて出発。いってらっしゃい、無事を祈ります。

d0116207_1873914.jpg

 さあ、これから独身生活のはじまり・はじまり。
by oikuri | 2017-08-05 18:07 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

時計草

2017/07/31(月)  (旧暦)水無月09日

 気象庁が「梅雨明けしたと思われる」とのたまわれた途端、からつゆだった天気が梅雨空の毎日、天気予報と政治家の約束ぐらいあてにならないものはありません。
 それでも、八つの「時計草(パッションフルーツ)」は、けなげにも花を開き実をつけてくれております。

d0116207_8594294.jpg

 時計草の開花


d0116207_902868.jpg

 時計草の実(1)


d0116207_904647.jpg

 時計草の実(2)


d0116207_91418.jpg

 最近の田圃の稲
by oikuri | 2017-07-31 08:57 | 八つだより | Trackback | Comments(2)

75歳

2017/07/11(火)  (旧暦)閏皐月18日

d0116207_9103169.jpg


 無事 75歳を迎えることができましたですよ。幸運とゆうしかありません。

 長女がお祝いに駆けつけてくれて、一緒に霧ヶ峰まで出かける。空にはパラクライダーが舞い、少し暑いが素晴らしい好天に恵まれて、高原の夏を愉しむ。ここまで生きてこられたのも、家族や兄弟の協力と友人たちのサポートがあったからだと、感謝しつつ誕生祝いのケーキを美味しくいただきました、75歳の oikuri です。





d0116207_21201194.jpg

by oikuri | 2017-07-12 09:10 | 八つだより | Trackback | Comments(2)

半夏生(hangeshyo)

2017/07/02(日)  (旧暦)閏皐月09日


d0116207_19113774.jpg


 写真のような草だらけの田んぼをなんとか田植えできるように整備して、昨日無事に田植えを完了することができました。昔は「半夏生」までに田植えを終わらせるとゆう厳しい掟が定められておりましたので、当方一生懸命に間に合うように五月雨の中田植えを敢行してまいりましたですよ。あとは、水の管理と草取りが当面の仕事です。   ほっ・ ・ ・ ふぅっ・。

 これでやっと竹(尺八)を持つことができます。だいぶ腕が鈍ってしまったなあ・・・。
by oikuri | 2017-07-02 19:11 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

田植えが

2017/06/23(金)  (旧暦)皐月29日


d0116207_20101176.jpg

 始まりました。やっと恵みの雨も降り、田植えができるようになりました。お応援や、協力もあり久々の田植えです。うまく育つよう祈ります。


d0116207_19494911.jpg

by oikuri | 2017-06-23 20:10 | 八つだより | Trackback | Comments(0)