ブログを再開しました。今までのおやすみをお詫び申しあげます。
by oikuri
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


春雪

2017/02/09(木)  (旧暦)睦月13日


d0116207_12352441.jpg


 春雪が降ったり止んだりの今日この頃の八つです。写真は、一昨日の「尖石考古館西」交差点での一枚です。八ヶ岳は白く屏風のように、雲をいただきながらドンと座って八つの住民を守ってくれております。
 先日、原村の「風の会」から一通の手紙が届きました。
 「この地、原村で日本の伝統芸能であります邦楽の生演奏を多くの皆様に聴いて頂くと言う私達の初期の目的を成し遂げる事が出来ました。今までご愛顧を賜りました皆様方に心からお礼を申し上げます。」とゆう「風のコンサート終了」を伝える芳沢さんからのお便りでした。今や、尺八の同世代の愛好者は齢を重ね高齢となって、愛好していた竹を置かざるをえない時代となりました。
 そんな中で、若手の尺八の演奏家たちの活躍が少しづつ目立つようになってきたのが、最近の救いです。
 当方より少しばかり若い年代の尺八愛好家の人たちも、そこそこ頑張っておられるので、尺八の行く末も、大相撲のように国際的な広がりを見せてくれれば良いなあっと思う今日この頃です。
 毎日のようにブログを更新しておられる邦星堂和楽器店」のブログ主の大橋鯛山の文章を読むと、今置かれている尺八界の現状がとてもよくわかります。興味があったら覗いてみてくださいね。











------------ 以下はCMです。無視してくださいね。 ------------
by oikuri | 2017-02-09 12:35 | 八つだより | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oikuri.exblog.jp/tb/23830044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< お十七夜 (ojyuushic... 春節 (shyunsetsu) >>