八ヶ岳山麓の阿弥陀岳の麓「美濃戸minoto」での日常生活
by oikuri
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


リンネそう

2015/06/25(木) (旧暦)皐月10日

d0116207_17555653.jpg


 加島祥造「老子」新訳(地湧社)第30章 p75 より引用

 政治がとくにそうだが、
 すべて力ずくでやると
 きっと、しっぺ返しが来る。
 戦争で荒らした土地には
 いら草が生える。
 軍隊の占領した国には
 飢饉が起こる。
 戦うことなんて、
 本当に自分を守りたい時だけでいい。
 タオの人は
 自分を守って、誇らない。
 勝っても奢(おご)らない。
 結果を誇る者は
 まもなく衰えるよ。

 暴力や力ずくでしたことなんて
 みんな長つづきしないじゃないか。


d0116207_17563661.jpg


d0116207_17573100.jpg


d0116207_1758872.jpg


d0116207_17583160.jpg


------------ 以下はCMです。無視してくださいね。 ------------
by oikuri | 2015-06-25 17:57 | 八つだより | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oikuri.exblog.jp/tb/21903335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 小麦の異変 いしがま >>