八ヶ岳山麓の阿弥陀岳の麓「美濃戸minoto」での日常生活
by oikuri
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


音楽

2015/03/26(木) (旧暦)如月07日

 音楽、歌でもいい楽器でもいい、独奏でも合奏でもいい。音楽のジャンルは問わない。聴きたいときに聴きたい曲をきければそれだけで幸せになれる。こころが自由になる。

d0116207_2022349.jpg


 ちょうど老子が・・・


大自然(タオ)の母親のおっぱいを
たっぷり吸っているんだよ。
滋養でいっぱいの
あのお乳をね。

加島祥造「老子」新訳(地湧社)第20章「おっぱい」は好きなだけ吸うがいいより抜粋

 ・・・とゆうように音楽を通して道(タオ)の力(エナジー)が身体に染み込んでくる感じです。好きな音楽を聴いているときは、まさに「滋養でいっぱいのお乳をたっぷり」と吸う感じです。音楽の持つ癒しの力は、道(タオ)そのものの力に依っているのかも知れませんね。


------------ 以下はCMです。無視してくださいね。 ------------
by oikuri | 2015-03-26 19:51 | 八つだより | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oikuri.exblog.jp/tb/21660521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< おもふ 末法の世 >>