ブログを再開しました。今までのおやすみをお詫び申しあげます。
by oikuri
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


水のように

2015/03/18(水) (旧暦)睦月28日

 森沢明夫とゆうひとが質問し、須藤元気とゆうひとが答える形式の 「風の谷のあの人と結婚する方法」とゆう面白い標題の本(幻冬社文庫 す61)があったので読んでたら、その164頁に次のような文言が・・・

 理想的なリラックス状態とは「水」ではないでしょうか。水は、どんな器に入れてもその形になれます。そして、己の形が変わっても、自分自身が水であるというアイデンティティーは決して失わない。<和して同ぜず>です。周囲とは争わず調和を重んじるが、自分の信念はしっかりと持ち、安易に同調したり迎合したりはしないという意味です。

d0116207_2213429.jpg



 ・・・あれえっ!? どこかで聞いたような文言では? と加島祥造「老子」新訳をめくってみるとその27頁の第八章に・・・


タオの人は、
水に似ている。
水は、
すべてのものを生かし、養うけれど、
争ったり、威張ったりしない。
ひとの厭がる低いところに、
すすんで入ってゆく。
タオの人の暮らし方も、地について、
低く落ち着いている。
心は、静かで深い淵のようだ。
ひとには、優しくて、親切だ。
自分のいちばんいいタイミングで活動する。
仕事はひとに無理させないで、
自分の喜びからしている。

とにかく水に似た人は、
争わない。
争わないから、
誰からも非難をうけない。

d0116207_22151263.jpg


 そう、水は凍ると入っていた器を破壊する力を秘めております。水滴の一つ一つはなんともないものですが、固い岩でもいつの間にか穴をあけたりする力を秘めております。でもそんな素振りはつゆもさとられないやさしいしなやかさが水の心情です。あやかりたい水の生態ではありますね。


・・・上の写真は、ここのところの高温で雪が溶けてその下から出てきた木の葉です。ここ八つも春近しです。

------------ 以下はCMです。無視してくださいね。 ------------
by oikuri | 2015-03-18 22:02 | 八つだより | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://oikuri.exblog.jp/tb/21640998
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2015-03-19 14:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-03-20 11:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 末法の世 イマジン >>