ブログを再開しました。今までのおやすみをお詫び申しあげます。
by oikuri
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


3.11とこどもたち

2015/03/11(水) (旧暦)睦月21日

 2011/03/11から丸四年の今日、当方はもらい風邪に悩まされおります。
 あのはばのある大きな横揺れのあとの刻一刻が、いま脳裏に蘇ってきます。
 まず弱かったのが石油備蓄基地の石油タンクでしたね、東京湾の千葉側
 のタンクが爆発炎上したのが始まりで、あの大津波で東北沿岸の石油基
 地も軒並みやられて、津波の被害を受けた海岸沿いをまた焼き尽くす
 業火となって夜間赤々と海岸線を照らしだし津波の被害を一層拡大した
 ものです。ふつう津波と火災ってそうそうつながるものではないので、
 見た時一瞬なぜだっと不思議な気がしたものです。
 その間も、
 地震で倒壊した上に例の大津波による家屋の流失と逃げ惑う人々の映像
 がテレビに何度も流されておりました。
 当方の八王子の家が無事かどうかを確かめに翌日行ってみましたが大き
 な被害もなかったので、国立の孫の家に行く。
 そこで、福一の原子力発電所が爆発する危険性が高まっている状況を
 みて孫の父親が「避難しよう」とゆって、
 とりあえず八ヶ岳の山荘まで孫家族全員と避難する。
 しかし、漏れ聴こえてくる情報を総合すれば
 メルトダウンは時間の問題と判断、
 急遽、家内の岡山の実家まで「避難場所」を移す。
 岡山の義弟は「まさか本当にくるとは・・・」とびっくり。
 それから小学校の春休みが終わるまで約ひと月「避難生活」を体験。
 倉敷の図書館は「避難者家族」支援のために子供向けの本の貸し出しの
 枠を広げてくれたので大変助かりました。でもやはり福島から1000kmも
 離れていると日常生活にそうゆう影がほとんど感じられない現実がそこに
 は流れておりましたね。良い悪いの問題ではなく、そうゆうものだとゆうこ
 とを実感としてまなびましたよ。
 この時に感じたことは、戦前の軍国主義時代は国民を苦しめ徴用し徴兵
 した悪政の権化のようにゆわれてきましたが、そんな悪の権化のような
 軍政下ですら、米軍の空襲に備えて子供たちを「疎開」させる措置をとって
 いたのに、今の政府は、金がかかる「疎開」措置は実施しませんとゆって、
 「こどもたちの疎開」をさせる責任をを放棄した
 「悪の権化・軍政」にももとる政府だとゆうことです。
 
d0116207_21305253.jpg


 実際に自主的に「避難生活」を体験して、突然とゆうことを差し引いても
 「個人的な避難生活」は一ヶ月が限度、とてもそれ以上の長期の避難生活
 は、避難者もその受け入れ側も精神的・肉体的な疲労でまいってしまいます。
 「疎開」は国の政策的な計画のもとに責任実施しなければならない大事業
 だとゆうことです。

------------ 以下はCMです。無視してくださいね。 ------------
by oikuri | 2015-03-11 20:54 | 八つだより | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oikuri.exblog.jp/tb/21623107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< イマジン さくらの湯 >>