ブログを再開しました。今までのおやすみをお詫び申しあげます。
by oikuri
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


本当の自分

2015/02/25(水) (旧暦)睦月07日

 この数日はまるで春のような陽気の八つです。春雨がたっぷり降った路面はアイススケートリンクと化して四駆でスタッドレスを履いた車も横滑りするおそろしい状態に、恐怖のドライブ。特に坂道はハンドリングが微妙で、滑りながら見当をつけて目標に走行先を操る出たとこ勝負のスリルを味わって下っております。恐怖にドライバーの腰が痛くなる今日この頃、みなさまは如何おすごしですか?

d0116207_10422032.jpg

 八ヶ岳実践農業大学校の売店前の広場の向こうにみえる阿弥陀岳と横岳

 自分のこころをコントロールすることがいかに難しいことか、みな実感できるとおもいます。それ以上に、他人のこころをコントロールすることなど不可能にちかいことは、自明のことだと思うんですが、みなさまはどうおもわれますでしょうか? だから、当方は「他人がどう思うか」なんて気にしても「どうしようもない」ことだと割り切って考えることにしたんですけれども、それでも時々他人の目が気になることがあるんですよね。でもそんなとき老子のこんなことばに出会うと、そうだよねって嬉しくなりますですよ。


 ひとは
 褒められたり貶されたりして、
 暮らしている。
 ひとにどう見られるか、どう言われるか
 いつも気にしている。
 しかしね
 そういう自分は本当の自分じゃなくて、
 社会の自分なのだよ。

加島祥造著「老子」新訳(地湧社)第13章たかの知れた社会なんだより抜粋



------------ 以下はCMです。無視してくださいね。 ------------
by oikuri | 2015-02-25 10:42 | 八つだより | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oikuri.exblog.jp/tb/21585225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< さくらの湯 方便 >>