八ヶ岳山麓の阿弥陀岳の麓「美濃戸minoto」での日常生活
by oikuri
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


時計草(Passion Fruits)

2017/10/11(水)  (旧暦)葉月22日

 2017年7月31日の当方のブログに「時計草」をアップしてから、二ヶ月以上経ちました。
 去年は、熟す前に霜にやられて収穫できなかったので、今年は温室で栽培したところ、なんとか収穫・完熟させることができましたので、報告させていただきます。

 まずは、こんな風に花が咲きます。
d0116207_9394511.jpg



 花がすぼんだ後、花の後ろが膨らんで「実」がつきます。
 2017年07月30日
d0116207_1082325.jpg



 そして、少し色づき始めたところで収穫。山荘で保管し、完熟を待ちます。
 2017年9月26日
d0116207_9413269.jpg




 小さい方が、ほぼ完熟したので試食してみる。すっぱいけれども香りも味もいい。
 2017年10月04日
d0116207_944328.jpg




 残った大きい方の、完熟を待ちます。
d0116207_9452655.jpg





 ほぼ完熟状態になりましたですよ。八ヶ岳の麓でもなんとか「時計草(Passion Fruits)が栽培できました。これも青木さんご夫妻の、強い後押しがあったおかげです。感謝・感謝!!!
 2017年10月11日
d0116207_945452.jpg

# by oikuri | 2017-10-11 09:46 | 八つだより | Trackback | Comments(9)

もみぢ狩り  (三日目)

2017/09/30(土)  (旧暦)葉月11日


 今朝(9/30)は、雲間から陽が差し始めた乗鞍からの眺めです。

d0116207_97710.jpg



 肩の小屋では朝食も食べずに、畳平(tatamidaira)まで行き、7時16分のバスで一気に下ります。
d0116207_911394.jpg




 バスの車窓からの眺めです。
d0116207_9123014.jpg


d0116207_9125359.jpg



 麓のバスセンターに着いたら、早朝にもかかわらず乗客が列をなしております。
 この時に、これから目指す千畳敷カールのロープウェイも同じ混雑だろうと予想すべきでしたね。
d0116207_918024.jpg



 案の定、駒ヶ根に着いたら、ロープウェイは二時間以上待たないと乗れませんとゆうご託宣を頂戴する。
 ロープウェイに乗るのを諦めて「こまくさの湯」で汗を流し、帰途につくことにする。「こまくさの湯」の料金は、610円とゆう半端な値段。温泉に入ってから当方が勝手に判断したことですが・・・110円が「眺望料」・・・500円が「入湯料」・・・とゆうことみたい、湯船の縁に座っての眺めがこれ・・・絶景です。

d0116207_9274389.jpg


 今回の「もみぢ狩り」は、これで良しといたしましょう。
# by oikuri | 2017-09-30 09:01 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

もみぢ狩り  (二日目)

2017/09/29(金)  (旧暦)葉月10日

 一日目の「八方池」の後、二日目は「乗鞍岳」のもみぢを狩ります。
 シャトル・バスを「摩利支天」とゆう停留所で降りて、歩きながらのもみぢ狩り。

 突然、上空に異音がするので見ると、なんと「ドローン」が頭上を飛翔しております。

d0116207_20485717.jpg


 雲の向こうに見える山は、北アルプスは「前穂」でしょうか?


 昨日の雨は止んで今日は天気回復、青空が徐々に拡大し、紅葉が映え太陽が降り注ぐ乗鞍の秋です。

d0116207_20565148.jpg




 乗鞍にはまだ「残雪」があり、その小さな白い部分で「スノボー」で滑る若者の姿も見えます。それにもみぢ狩りをしながら歩いていると、何台も自転車を漕いで登る若者たちがスイスイと当方たちを追い抜いて行きます。
d0116207_21417100.jpg


d0116207_218323.jpg


d0116207_219643.jpg


d0116207_2192461.jpg




 さて今度は風景ばかりではなく植物の姿に目を移してみましょう。
 チングルマの群生
d0116207_21145236.jpg


 ナナカマドの赤い実
d0116207_2116733.jpg


d0116207_21173349.jpg


 ミヤマハハコグサ?
d0116207_21183893.jpg



 秋の陽は「つるべ落とし」とはよく言ったもので、日陰を選んで歩いていたのが、冷たい風に変わり身体が冷えてきます。二日目の宿は「肩の小屋」です。もう一息・・・
d0116207_21241032.jpg



 畳平(tatamidaira)夕景
d0116207_21254038.jpg



 肩の小屋(katanokoya)・・・ここに泊まります。
d0116207_21273358.jpg



 歩いてきた道です。
d0116207_2128589.jpg


 
# by oikuri | 2017-09-29 20:42 | 八つだより | Trackback | Comments(2)

もみぢ狩り  (一日目)

2017/09/28(木)  (旧暦)葉月09日

 恒例の「もみぢ狩り」に行く。天気予報も「一日中雨」、実際も雨また雨の中を歩きます。
 場所は・・・

d0116207_19583540.jpg



 歩く姿は・・・

d0116207_19593155.jpg



 たどり着いた「八方池(happoike)」は・・・

d0116207_2005364.jpg


 白馬の山々を映すことで有名な八方池も、雨には勝てません。



 でも道ばたの花は、雨ならではの美しさを見せてくれましたですよ。

d0116207_204103.jpg




 稜線も雨の煙でこんな具合。
 でも、静かな雨の「もみぢ狩り」もまたいいものです。
d0116207_2074627.jpg

# by oikuri | 2017-09-28 19:52 | 八つだより | Trackback | Comments(0)

「風の波紋」 その2

2017/09/23(土)  (旧暦)葉月04日秋分



d0116207_20192211.jpg

 ここ八ヶ岳の登山口「美濃戸」とは主峰「赤岳」をはさんで反対側の「清里」方面にある「山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター」で、小林茂監督の作品「風の波紋」が無料上映されると云うので出かける。道を隔てた反対側には「清泉寮」の売店やレストランがあるので、迷うことはありません。車でここから35分程度です。

d0116207_2019477.jpg

 少し早く着いたので、展示などを見て、12時半からの受付開始で入場。
 パンフレットによると・・・この映画は、
 「第4回グリーンイメージ国際環境映像祭・実行委員会・審査委員特別賞」を受賞・・・とゆう評価をいただいているそうです。


d0116207_2020414.jpg

 はじめは、パラパラだった入場者も始まる頃は、40人弱の入りでしたよ。今回は、前回に見た「風の波紋」よりかなり冷静に観ることができたので、いろいろ細かいところにも注意がゆき、面白い発見もしてきました。例えば・・・映像に出てくる車のナンバーが、当方の乗用車のナンバーと一緒だ・・・などなど。
 この後、第2部として「レンジャーによるガイドウォーク」とゆう催しがあったのですが、夕方・義兄が鳥見の後に寄るとゆうので、急ぎ帰荘。
# by oikuri | 2017-09-24 20:20 | 八つだより | Trackback | Comments(0)